記事一覧

ザ・シチズン メカニカルモデル キャリバー0200に甲冑から着想を得た限定モデルが登場

短期間で完売したNC0200-06Aに続く、希少な数量限定モデルだ。

昨年発表されるや否や、時計愛好家たちの話題をさらったザ・シチズンのメカニカルモデル キャリバー0200。2012年に機械式時計の開発⼒を向上させる目的でシチズン時計の傘下に加え、ラ・ジュー・ペレ社との技術交流から生まれたCal.0200は、シチズンによる⾃社設計・組⽴によりクロノメーターを凌駕する高精度を実現すると同時に、ラ・ジュー・ペレ社が保有する⾼度で幅広い装飾技術が見事にマッチした、⽇本とスイスの“いいとこ取り”をした魅力的な機械式ムーブメントとなった。Cal.0200を搭載したファーストコレクションは、砂地模様を電鋳技法で表現したブラックダイヤル(NC0200-90E)、サンレイパターンに塗膜研磨を施したブルーダイヤル(NC0200-81L)、そしてブラックダイヤルと同様、電鋳技法を用いたホワイトダイヤル(NC0200-06A)のみっつ。通常モデルでも、その注目度の高さから入荷待ちの状態が続いているというが、数量限定モデルとして発表されたホワイトダイヤルは発売開始と同時に市場から姿を消すほどの人気ぶりだった。

なお、ザ・シチズンのメカニカル キャリバー0200の詳細については、これまでにいくつも記事を公開しているので、以下の関連記事もチェックしてみて欲しい。

ザ・シチズン メカニカル キャリバー0200関連記事

さて、そんなザ・シチズンのメカニカルモデル キャリバー0200の新作としてこの度披露されたのが、日本の甲冑に着想を得てデザインされたというNC0206-18Eだ。短期間で完売したホワイトダイヤルに続く2本目の数量限定モデルで、最大の見どころはダイヤルを始めとする外装(その詳細は後述する)だが、レギュラーモデルにはない特徴のひとつにムーブメントの仕様が挙げられる。レギュラーモデルでは、肉抜き加工を施したシンプルなヘビーメタル製の自動巻きローターを採用している。一方、本機のムーブメントでは肉抜き加工に加えて、ザ・シチズンのアイコンにもなっているイーグルマークをあしらった22金製の自動巻きローターが使用されているのだ。これは数量限定モデルに共通して見られる特徴で、昨年販売されたNC0200-06Aと同じである。

NC0206-18Eの価格だが、現時点(3月24日)では未定だ。とはいえ、その仕様から想像すると、おそらくはNC0200-06Aと同程度(税込で82万5000円だった)となるだろう。限定数は90本と、55本限定だったNC0200-06Aよりも多いが、その過熱ぶりを見る限り、本機もすぐに売り切れてしまいそうである。発売は2022年の秋冬の予定とのこと。発売日の詳細が判明次第、改めて情報をアップデートしよう。


【関連記事】:2022日本最大のN級品専門店

コメント一覧

ブランドコピー買ってみた URL 2022年03月30日(水)02時04分 編集・削除

スーパーコピー 買ってみた ブログ,スーパーコピー 安全なサイト

アルハンブラ ネックレス URL 2022年03月31日(木)01時14分 編集・削除

「最終値下げヴァンクリーフ アーペル ヴィンテージアルハンブラ ネックレス」などの商品があります。