記事一覧

個人的には大好きなデザインなのだが、これは明らかにその時代に生まれた時計だ。

私は以前から、純粋にポジティブな意味でオリジナルのデファイのケースのシルエットは、まるで手榴弾が爆発して、時計のケース全体に鋭いエッジとラインという形を形成したようだ考えていた。個人的には大好きなデザインなのだが、これは明らかにその時代に生まれた時計だ。ゼニスはもともと2017年にデファイ コレクションをリニューアルした際に、オリジナルの美学をそこはかとなく参照するという素晴らしい仕事をしたが、デファイ スカイラインでは、ゼニスはそれをさらに洗練させることに成功した。

ゼニス デファイ エルプリメロ21 49.9000.9004/78.M9000

ゼニスが誇るクロノグラフムーブメントのエルプリメロを搭載した「デファイ エルプリメロ21」。

エルプリメロの持つ36000振動を最大限に活かした1/100秒クロノグラフモデルとなり、センターに設けられたクロノ秒針は一秒で一回転します。

3時位置には30分積算計、6時位置には60秒カウンター、そして9時位置はスモールセコンドの配置となります。

さらに12時位置にはクロノグラフのパワーリザーブインジケーターを設けています。

実生活では必要な場面はほとんどないオーバースペックなクロノグラフですが、是非一度1/100秒計の回転速度をご覧ください。

ケースにはブラックセラミックを採用し、文字盤もスケルトン仕様とすることでケースバックのみならず文字盤側からも機械の動きをお楽しみ頂けます。

先週のデファイ リバイバル A3642で見たように、ヴィンテージのデファイ ウォッチは八角形のケースのなかに14面のベゼルを持つことで知られている(これもまた、ロイヤル オークより3年も前のデザインなのだが...)。デファイ スカイラインでは、ゼニスは八角形のフォームファクターを維持しながら、シルエットを12面に切り詰めた。ゼニスの製品開発責任者兼ヘリテージ・ディレクターのロマン・マリエッタ氏にその理由を尋ねると、オリジナルの37mmからスカイラインの41mm径になったことでプロポーションが向上したことを挙げてくれた(12面は12時間マーカーとも完全に一致する)。

ケースは、現行世代のデファイの歴代モデルとは少し異なる。デファイ クラシックのような3針モデルがより丸みを帯びたシルエットを採用していたのに対し、スカイラインは1960年代にリリースされたような大胆な面構えを維持している。これは、ラグジュアリースポーツウォッチの分野でスカイラインをほかの競合モデルから引き離すための強力な選択だ。ベゼルの鏡面仕上げのエッジは、サテン仕上げの円形フレームとベゼルとケースをつなぐ12個のアングルのあいだにある。このエッジ部分は絶えず私を引きつけ、腕の上でスカイラインに宝石のような質感を与えている。ひとつの部品にこれだけの角度と表面仕上げを施すのは、容易なことではない。

コメント一覧

スーパーコピーN級品 URL 2022年02月16日(水)23時45分 編集・削除

当店が数年、スーパーコピーの販売経験を持っております。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー